• 商品カテゴリ一覧 > 寶船竹刀袋 > 柿渋塗竹刀袋 2本入・L3本入【寶船・竹刀袋】

    柿渋塗竹刀袋 2本入・L3本入<BR>【剣道具・寶船・竹刀袋】

    柿渋塗竹刀袋 2本入・L3本入
    【寶船・竹刀袋】

    商品番号 039-SBHKA

    当店特別価格14,574円(+税:1,165円)

    [146ポイント進呈 ]

    柿渋塗り色
    竹刀袋のサイズ
    個人名刺繍 文字
    個人名刺繍 書体
    個人名 色(柿渋黒用)
    個人名 色(柿渋茶用)
    何本入用
    個人名刺繍 文字数
    ※<個人名刺繍>の文字数をお選びください
    (空白は含みません)
    数量
    商品についてのお問い合わせ
    お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
    レビューを書く

    この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

    カツさん(2件) 購入者

    非公開 投稿日:2016年12月22日

    おすすめ度 おすすめ度(5.0)

    商品はもちろん素晴らしいですが、迅速な対応をしていただきました。梱包も丁寧にしていただきありがとうございます。

    ◇◆◇個人名刺繍必ず必要です◇◆◇

    剣道家の方には説明不要とも言える、
    竹刀袋・防具袋製作の老舗
    『寶船(ほうせん)』竹刀袋の販売です!


    ※刺繍できるのは個人名刺繍と家紋刺繍のみとなります※


    柿渋の歴史は古く平安京にまで遡ります。
    タンニンが多くまだ未熟な青い柿渋を8月末から8月中旬に採取し 圧搾して得た液を発行して作る柿渋は、
    不溶性の強い強靭な皮膜を造り防水・防腐防虫作用が高く
    当時から木製品・和紙への塗布や麻・木綿などの染色にしようされておりました。

    更に時代が進むにつれて用途は広がり、 布や紙の補強材としてつかわれるようになり、
    ついで生産用具・革・木材の補強や防水性を付加させ 建造物や和傘・渋団扇・漆器・魚網などを製造する上で
    重要な役割を果たし また抗菌性を生かして民間薬として重用されるなど人々の健康も支えてきました。

    これまで柿渋は日本人の智恵から生まれ、 太古の昔から暮らしの中に様々な形で使われてきましたが
    急速な石油化学製品万能の時代にはいり、急速に需要が減退いたしました。

    しかし、近年日本の伝統文化を重んじ、 本物志向が高まる中で静かなブームとなってきております。
    自然の色は人々を和まし、いつまでも飽きることがありません。
    (*図柄の位置は反物の裁断により変化しますので製品を作るたびに少しずつ生地の表情が異なります。 柄の出方は指定して頂けませんので御了承下さい。)

    ◇竹刀袋の納期について◇
    受注生産⇒御入金確認後、約2〜3週間後発送。
    *商品発送の目安ですので若干前後します。

    刺繍の位置(個人名) 刺繍書体(個人名)
    “寶船製竹刀袋用”個人名刺繍位置 “寶船製竹刀袋用”個人名書体

      
    寶船製柿渋塗竹刀袋用の刺繍糸色見本
    寶船竹刀袋への刺繍色見本6 寶船竹刀袋への刺繍色見本7 寶船竹刀袋への刺繍色見本8 寶船竹刀袋への刺繍色見本2
    生成(柿渋塗黒・茶)薄茶(柿渋塗茶)焦げ茶(柿渋塗茶)グレー(柿渋塗黒)
    ※柿渋塗の表情を楽しんで頂く為に、柿渋塗色合い毎に上記刺繍色からお選び下さい。